LINEスタンプ制作とは!?やり方は?儲かるの?

簡単!ラインスタンプの作り方1

今回はラインスタンプの作り方について簡単に説明していきます!一般人でも自分の描いた絵がスタンプになり、販売・使用できるラインスタンプ、もしバカ売れしちゃったら夢が膨らみますね!ラインスタンプの作り方はいくつかありますが、パソコンの作業はほぼ必須と言えますので注意してください。まず自分で紙などに絵を描く場合、濃い目の線でスタンプにしたい絵を最低40個描きます。ここでは色は付けなくて大丈夫です。次にそれをパソコンに取り込みます、スマホにも取り込めるアプリがありますよ!取り込んだら絵に色を付けて、ラインの規約で指定されている大きさに変換して完成です!パソコンでの作業はフリーのお絵かきソフトを使うと便利ですよ。

簡単!ラインスタンプの作り方2

ラインスタンプには暴力的表現がダメとか、背景を透明にしてはいけないとか実はいろいろな規約があります。スタンプが完成したら、それを審査してもらいます。これは早くても1か月程度、普通で2~3か月かかります。そして規約に引っかかることがあった場合その部分の修正を要求されます。審査が通らずに再提出することになると余計に時間がかかってしまうので、規約に引っかからないように十分チェックしてから提出するようにしてくださいね。

ラインスタンプ作ったらほんとに儲かるの!?

ここまで簡単ではありますがラインスタンプの作り方を説明してきました。では実際販売したら収入を得られるのでしょうか?その答えはズバリ無理です。もちろん全員が無理とは言いませんが特にスキルも知名度もない素人では難しいでしょう。現在クリエイターズスタンプは10万以上販売されています。また、ラインの規約上スタンプが200個以上売れて初めて収入を得られるのです。ラインスタンプを作る場合は思い出づくりくらいの軽い気持ちでやるのがいいかもしれませんね。

LINEスタンプは無料の通話アプリLINEの中で使われる文字や絵(音が出るもの、動画のものもあります)のスタンプです。