絶対に外から見えない!植物を利用した家庭のプライバシー保護

一軒家なら周囲の植物が十分に活きる!

外から内の様子が全く見えない住宅は言うまでも無く、周囲の物理的なガードが四方にしっかりしている場合が圧倒的に多いものです。特に厚い生垣や濃密な庭木の緑、そして時にはボールの様に咲き誇る花木が周囲からの視線を誘導すると共に、それらの内にある家庭内部への視界を完全にシャットアウトします。もちろんこれら花木や生け垣は普段からの手入れが大切ですが、ガーデニングが好きな人であればそれ程苦にはなりませんよね。またこれらの手入れがどうしても苦手という人なら近隣の造園業者に作業依頼するというのも良い方法でしょう。またこれらは家庭内のプライバシーを保護すると同時に周囲の気温や湿度の安定化や通行人・周辺住民に対する緑豊かな環境の提供といった副次的なメリットもあり、喜ばれるものなのです。

四季折々に咲く花木を濃密に配置する

ただの緑の生け垣を周囲に配置すればそれだけでプライバシー保護には十分なものの、どうしても殺風景になりがち。ですから多くの人々はこれらに効果的に花木や果樹、つる植物等を組み合わせ、立体的に色彩豊かな環境を演出出来る様心掛けています。各々のシーズンに色鮮やかな花や果実を着ける樹木やつる植物を通行人の目線において印象に残り易いポイントに配置し、周囲の目に留まり易くすると同時に家庭内部への視線を外に反らす効果を大きくする訳です。良く作り込まれた花木は遠目から見てもひと目でそれと分かり大変目立つもの。もしかしたら同じ趣味を持つ近所住まいの通行人との間に、新たなコミュニケーションを発生させるきっかけとなるかも知れないですね。

出窓や窓際にも鉢花を配置して内部を隠す

意外と穴場となりがちなのが住宅の上層階に設置された窓際。周囲に高い建物があれば立ちどころにそこから内部を覗かれてしまいかねません。ここで植物好きの人ならピンと来るところですが、これらの窓際や出窓に鉢花を上手く配置し同時に栽培を楽しんでしまえば、室内園芸とプライバシー保護の一石二鳥が成立するのです。鉢花の背丈やスパンは窓の大きさに応じて適度なサイズを数鉢選ぶのがベスト。やはりシーズンにより綺麗で目立つ花を咲かせる種類の方が視線誘導効果もあり、開花シーズンはより効果的でしょう。ただ出窓や窓際は日照こそ十分なものの大変乾燥し易く、手入れを怠るとすぐに鉢花は弱ってしまいます。一般的に水やりは十分すると共に温湿度管理をまめに行い、常に植物が健康体を維持出来る様心掛けましょう。

シュレッダーは多数の書類を一度に粉砕できる機器ですが、紙以外の異物を混入させると刃の欠損などの損傷が生じることがあります。使用の際は必ず異物を取り除くことが故障を防ぐための重要なポイントです。