ネット掲示板における風評被害対策について

ネットの掲示板が温床ともなる

インターネットは情報を発信したり、また情報を獲得したりするのにはとても便利なツールですね。しかしその一方で、不確かな情報などもたくさん飛び交っているというのが現状です。とりわけネットの掲示板は、その匿名性の高さから、根も葉もない流言飛語がやり取りされていたりもします。こうした特性から、掲示板はとりわけ誹謗中傷や風評被害が発生しやすいという特性を持ち、したがってネット上の風評被害対策はまず掲示板の特性を理解することから始めなければいけないのです。

掲示板の高い匿名性について

掲示板は誰でも書き込むことができるというその高い匿名性に特徴があります。誰が書いたものかということがハッキリしないため、いわば言い逃げのようなことも良く行われてしまうというのが現状です。匿名性は自由に物事を書くことができる一方、言った人間が誰だかわからないために、言葉に責任を持つということができにくい環境なんですね。言葉に責任がないために、適当なことを言ってしまったり、また誰かを傷つける言葉を平気で書き込んでしまったりもするわけです。

掲示板に誹謗中傷が書き込まれたら

実際に掲示板に誹謗中傷が書き込まれてしまったら、どのようにそこから生まれるであろう風評被害を防ぐべきなのでしょうか。まずは掲示板の運営サイトに問い合わせて、コメントを削除してもらうように依頼しましょう。コメントの内容によっては、名誉棄損で訴えることも可能です。書き込んだ人を特定することも不可能ではないので、あまりにも悪質な場合は法的な対処も考えていかなければいけませんね。コストがかかるかもしれませんが、風評被害で生じる損失を考えると背に腹は代えられませんよね。

インターネットにおける誹謗中傷対策を行うには、逆SEOという手段を用いて検索結果を表示しにくくする方法があります。